美術品買取に出す前に知っておきたい基礎知識!価値やコツなどの情報を初心者にも分かりやすくご紹介します

美術品を買取に出す前のお手入れ方法

不要になった美術品を買取に出すとなったら、できるだけ高値で引き取ってもらいたいと考えるのが普通でしょう。
大事にしてきたアイテムたちのお手入れ方法について見ていきます。
買取に出す前には必ずおさえておきたいポイントですよね。
美術品のタイプにもよりますが、絵画や掛け軸などの類は基本的に湿気に弱いので水や洗剤はあまり使用しません。
乾いたタオルなどで表面の汚れやホコリを軽く落とし、天気の良い日に窓を開けて風を通すのも効果的。
紫外線を避けて日陰に軽く干してあがるといいですよ。
陶磁器などは湿気の影響を受けませんので、衝撃による欠けや割れ、ヒビを防ぐために易しく扱い汚れを落とします。
水気を切ったら新聞紙などに包んでおきましょう。
手汗などでの変色を防ぐために、お手入れの際には手袋を着用するのがベスト。
特に紙ものは汗の水分だけでなく油分や見えない汚れなどによってもシミができたり、ひどい場合にはカビの発生にまでつながってしまうため要注意です。

美術品の買取は本当に価値の分かるプロに鑑定してもらうのが基本

美術品というと、名のある作家の名画でなければ高く売れないイメージですが、実際は作品の善し悪しが分かる人に見てもらい、価値の判定を受けることが重要なのではないでしょうか。
美術品は知識と経験がなければ価値が分からないもので、到底素人が価格をつけたり、買取でその通りの価格で売れることはまずないです。
美術品の買取を検討するのであれば、知識に経験とノウハウを併せ持つ、確かな実績のプロの鑑定士に相談して見てもらうことをおすすめします。
鑑定士は責任を持って美術品を扱いますし、実際に目で見ていつ誰の手によって作られたものかを調べます。
鑑定を誤ると自らの信用に関わりますから、鑑定士は分からないことはそういいますし、価格を提示するからには鑑定結果に自信が必要不可欠です。
つまり、鑑定によって価格がつけられる場合は、その裏づけとなる根拠だったり、判断材料が存在することになります。
売れるかどうかそもそも見当がつかない、そんな時は売買の可否も含めて、信頼できるプロに判断してもらうのが正解ではないでしょうか。

美術品に関する情報サイト
美術品買取の基礎知識

このサイトは美術品買取に出す前に知っておきたい基礎知識を解説しています。価値やコツなどの情報を初心者にも分かりやすくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。美術作品を査定に出す前のお手入れ方法も紹介しています。出来るだけ高く売りたい場合には手入れの仕方もチェックしておきたいところです。また美術作品を売却する前に、準備しておきたいこともこのサイトで解説しています。準備を整えて大切なアート作品を売りましょう。

Search